名栗湖までサイクリング!さわらびの湯やカフェ「ターニップ」がおすすめ

92_1

名栗湖のロケーション

以前、都会にあるサイクリングに適したカフェのお話しをしましたが、今回から首都圏にあるサイクリングに適した湖とその周辺にあるカフェをご紹介したいと思います。

特にご紹介していく湖はいずれも山間部にある湖で、登り坂を登った先に、坂で苦しんだご褒美のように鎮座している湖が多く、どれも行く価値ありの湖ばかりです。また、その周辺には山間部ならではの味のあるカフェが存在していて、湖と併せて楽しいサイクリングを盛り上げるためにぜひ行ってみたいお店ばかりです。

早速第1回目は、埼玉県飯能市にある名栗湖をご紹介したいと思います。

名栗湖は別名有間ダムと言う埼玉県の水がめ。カヌー遊びや冬にはワカサギ釣りを楽しめる湖。

サイクリングのルートとしての名栗湖

名栗湖は飯能市街からほど近く、途中に通る県道53号線は、以前は狭くガタガタな道だったものの、改修工事を経て、広くて路面もきれいな道になり、平坦基調なので、初心者にもおすすめのルート。また、名栗湖の先には山伏峠や正丸峠があり、峠への経由地として、名栗湖を訪れる方の多いのではないでしょうか。

しかし、そんなサイクリングコースとしての名栗湖ですが、厳しい一面も持っています。と言うのも、県道53号の交差点を左折し、名栗湖へ向かっていくアプローチが凄い激坂になっているのです。坂は短いものの、平均勾配10%。900mで90m登りこの坂の先に、登った人へのご褒美のように名栗湖が待っています。坂は厳しいですが、登り切って湖が見えた時のホッとする感じは何とも言えません。

激坂を登った先に鎮座するの名栗湖。この景色を見ると、坂の疲れも吹っ飛ぶ。

立ち寄りスポットさわらびの湯

名栗湖へ続く激坂の中腹にあるのが温泉施設の「さわらびの湯」です。

日帰り温泉の施設として入浴が楽しめる以外に、食事も出来るし、お土産や野菜の直売も行っております。トイレや自動販売機もあるので、名栗湖を制覇した後に、休憩でよりのにちょうど良い場所にあります。

名栗湖周辺のおすすめカフェ『ターニップ』

92_2

名栗湖から3キロほど山伏峠方面に向かった所にあるのがカントリーカフェターニップです。

県道からでもすぐ分かる目立つ看板。そして、自転車のイラストでサイクリストを歓迎してくれていることがすぐ分かります。

黄色い看板と黄色い看板が目印のこのお店。看板で目を引くのが犬と自転車のマーク。「ワンちゃんデッキOK 給水 空気入れ バイクラック有り」と書いてあります。もの凄く自転車を歓迎しております。

お店自体のクオリティも高くテレビ番組の「出没!アド街ック天国」にも登場したそうです。黄色い外見は遠くからでも目をひくようにあえてそうしているのでしょうか。中の方はお洒落な内装で、ウッドデッキもなかなか素敵です。名栗湖は見えませんが、下を流れる渓流と反応の山々を眺めながらお茶や食事を楽しめます。

料理の方もバッチリ。美味しい上に、アスリートらしく野菜いっぱいのランチセットを食べたり、自慢のタコライスや焼きカレーを味わってみては如何でしょうか。

92_3

ターニップのランチセット。サラダ・ドリンク付きで800円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る