自転車通勤ダイエット カロリーは家との往復でこれだけ減る!

5_0

春が過ぎると夏がやっている。そして、夏を前にする毎年気になるのがダイエット。

薄着になることが多い季節に向けて「今年は本気でダイエットしようかな」なんて考える人は多いのではないでしょうか。

そこで提案したいのが、手軽に長続きする、自転車通勤を活用したダイエット。どんなダイエットだって、やる以上は負担が多いです。

食事制限であれば空腹との闘いが待っているし、ダイエットをサポートしてくれる専門のジムに行けばお金もかかるし時間も取られる。

だから、自転車通勤でダイエットをすることをお勧めしたいのです。自転車通勤だってそれなりに負担はかかりますよ。今まで電車で楽々と通勤していたのが、毎日自分の脚で自転車を漕いで会社まで行くのですから。

それでも「手軽にダイエットする」と言う目的で考えると、空腹と戦う必要もなく、通勤時間をそのまま活用すれば時間の有効活用にもなる。

始めるに当たって自転車を購入する場合は少々初期投資が必要かも知れませんが、それでも専門のダイエットジムに通うよりずっと安い。そんな気楽な気持ちで自転車通勤ダイエットにトライしてみては如何でしょうか。

5_1

満員電車とおさらばし、自転車通勤で気持ちよく1日をスタートしてみては如何でしょうか。ダイエットにもなって1度で2度おいしいです。

手軽に楽しく自転車通勤をするために無理はしない

手軽に楽しくダイエットするために自転車通勤をするのであれば、まずは自転車通勤自体を楽しむことが大切。そして、長続きさせるためにも無理はしないで下さい。

例えば、雨が降った時などは今まで通り電車で通勤しましょう。

雨は危険度が増す上に、自転車のメンテナンスも大変。無理は禁物です。そして、天候によって電車通勤するためにも、定期は持っておきましょう。

会社によっては自転車通勤の社員に対しては定期代を払わずに自転車通勤手当を出す会社もありますが、可能であれば定期は購入し置いた方が良いでしょう。

そして、定期を持っているなら、週に5日会社に行くからと言って、週に5回とも自転車通勤をしなくても良いのです。

天候だけではなく、直行や直帰の日があれば、飲んで帰る日もあるでしょうし、単純に疲れてて電車で通勤する日もあるでしょう。そんな時は無理をしない方が良いのです。大切なことは、出来る日に楽しく自転車通勤をする。これが長続きさせる秘訣です。

また、会社までの距離が遠い場合は途中駅まで自転車で行って、そこから電車でも良いでしょう。この辺の融通を利かせることも楽しく続けるコツです。

自転車通勤のダイエット効果

ダイエットのために自転車通勤をするなら、やはり一番きになるのは「どれくらい効果があるか」ではないでしょうか。

他のダイエットもそうですが、ダイエットなんて、始める前から何キロ痩せるなんて保証は出来ません。

その上、自転車通勤であれば距離や強度(速さ)によってもダイエット効果が変わってくるでしょう。そこで、あくまで非常の空論ではありますが以下のような計算をしてみました。

■例:高井戸~渋谷間約9.5kmを自転車通勤の場合

電車通勤の場合、高井戸は渋谷まで井の頭線で1本、20分で行ける場所。実際にこの辺から渋谷に通勤している人は多いのではないでしょうか。通勤時間の井の頭線ってなかなかの混雑っぷりですが、自転車で気持ちよく通勤してみては如何でしょうか。

距離は10km弱、スポーティーな自転車で少し頑張って巡航速度を25kmで走れば、信号待ちを含めても30分少々で着くでしょう。電車より10分多くかかるだけなら、時間的な負担はダイエットとしては小さいですよね。

気になる数字はと言うと、おおざっぱに言うと(厳密な数字は設定条件で変わるので)、往復で500kcalくらいのカロリーを消費できます。この通勤を1ケ月続ければ約1kgの脂肪を消費できます。

ちなみにここで「1kg痩せる」と書かず「1kgの脂肪を消費できる」と書いたのは、期待できるダイエット効果が脂肪の燃焼だけではないからです。つまり脂肪の燃焼にプラスして基礎代謝の活性化に伴い1ケ月で1kgどころか、その数倍のダイエット効果が期待できるからです。

5_2

ちなみにこれは筆者の自転車通勤のデータ。片道45kmで600kcal以上のカロリーを消費しています(その分、ご飯もいっぱい食べちゃいますが、身体は引き締まっております!)

基礎代謝のお話をもう少し具体的に説明しますと、厚生労働省の発表(『日本人の食事摂取基準:2010年度版』参照)によれば30代男性の1日の平均基礎代謝量は2677.5kcal。

しかしこれは「身体活動レベル・ふつう」つまり、運動の量がふつうの男性は1日に2677.5kcalのカロリーを消費していると言うことなのですが、これが「身体活動レベル・高い」になると1日に3060kcalのカロリーを消費していると言うのです。

その差382.5kcal。これを単純計算すると1ケ月に約12kgも体重が減ることになります。もちろん、代謝が増えた分は食事の量も増えるでしょうし、往復1時間の自転車通勤だけではそこまで極端に代謝を上げることは難しいと思います。

しかし、それでも代謝を上げることで相当なダイエット効果が期待できることはお分かり頂けたのではないでしょうか。

楽しく続けることで数字的にもダイエットに繋がることが保障されている自転車通勤。ぜひトライしてみては如何でしょうか。

5_3

基礎代謝を上げることで大きなダイエット効果が期待できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る