寒い季節に快適なライドを楽しむために首都圏ライダーは湘南を目指そう

276_1

いよいよ冬の寒さと闘いながら自転車に乗る季節がやって参りました。

寒い時期なので、お金と時間があればプロのように沖縄やタイで合宿したいところですが、毎週末の練習となるとなかなかそうも行きません。

そんな時に首都圏のライダーにおすすめなのが湘南サイリングです。そこで今回は冬でも比較的快適に走れる湘南についてお話ししたいと思います。

冬は澄んでるので眺めも最高。海の絶景を拝みながらサイクリングを楽しみましょう。筆者のおすすめは茅ヶ崎のサザンビーチ。カフェとコンビニが多いので休憩に最適です。

 

海沿いの暖かい潮風に乗って走ろう

冬に湘南サイクリングをおすすめする理由は何と言っても温かいこと。これは海から吹く温暖な風の影響で沿岸部は内陸部に比べて暖かいからです。

冬に湘南方面にサイクリングに出かけると、海が近付くと急に温かくなることがあります。逆に、海沿いが温かいことを想定してウェアを選んで来ないと、真冬でも汗だくになる恐れがあるので注意しましょう。

 

冬は山より平地を走る方が良い理由

そして、次に湘南ライドをおすすめする理由はコースが平坦であること。

ヒルクライムを強化したいサイクリストにとっては冬でも山を登りたいところでしょうけど、冬に長い登りを登ることはあまりおすすめ出来ません。

登りで汗をかき、下りで冷やしての繰り返しになり、風邪をひくリスクが高いからです。また、ヒルクライムは脚に大きなトルクがかかるため、冬場はヒザの故障を誘発しかねません。

山は温かくなってから走ることにして、この時期は平坦なコースでサイクリングを楽しみましょう。

 

休憩ポイントがたくさんある

湘南は言わずと知れた観光地。コンビニもカフェもたくさんあるので休憩がし易いこともおすすめしたいポイントの1つ。特に冬場は寒い分カロリー消費が大きいので困った時にコンビニが近くにあることは有り難い限りです。

また、温暖な気候のため、冬場でもテラスで飲食が出来るカフェが多いのも嬉しいポイント。どうしても自転車のウェアで店内に入って行くのが気が引けると言う人でも、テラスなら気兼ねなく休憩出来ますし、テラスなら目の届く所に自転車を停められるので防犯上も利点があります。

276_2

海沿いのテラスカフェで休憩できることも湘南サイクリングの魅力のひとつ。

 

湘南ライドで注意すべき点

湘南ライドに出かける際に注意すべき点は主に風向きと交通量です。

風向きについては、行きと帰りで風向きが逆になることが多いので注意が必要です。筆者も八王子方面から湘南を目指して走り出し「行きが向かい風だから帰りは追い風だな」と思って走ってみても、結局帰りも向かい風だったと言うことが何度もありました。内陸部と違い、海方向からの風の影響で風向きが変わることが多いので、その点には注意しましょう。

また、観光地である湘南は冬でも自動車が多いのが特徴。その上、最近は季節を問わずサイクリストが増えているので、クルマが多い中で自転車同士の追い越しも発生します。追い越しが発生するのは当然ですが、その際にはクルマの有無などしっかり周りを確認し、細心の注意を払って追い越しをかけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る