自転車で冬の寒さで痛い想いをしないために・手のひら編

251_0

【冬の寒さで痛い想いをしないために・手のひら編】

いよいよ12月に入り、本格的な冬になってきました。これからもっと寒くなり、1月や2月初旬と言うのは自転車に乗るうえで非常に厳しい季節になります。

とは言え、現在は冬用のウェアもかなり進化してだいぶ快適に冬のサイクリングを楽しめるようになりました。

しかし、そんな中でも冬の寒さで苦しめられるのが手先や足先などの末端の部分。もう手と足に関しては、本当に寒い時は、防寒をしっかりしていても、寒いを通り越して痛い状況です。筆者の末端冷え性のため、手と足の痛い寒さには非常に苦しめられています。

そこで今回は手のひらの寒い痛さを解消するためのアイテムや対策についてお話をしたいと思います。

 

真冬用の厚手の高機能グローブは基本中の基本

冬であれば、当然冬用の指付きグローブを使うことになるのですが、使用する気温に合わせて、薄手のものから厚手のものまで様々な商品がある。そんな中でも、厳しい冬の寒さに対応するためには厚手のモデルで、ウィンドストッパーやウィンドテックス防風性の高い新素材を使った高機能グローブを使用しましょう。筆者の経験上、気温5℃以下になるとこう言った厚手の高機能グローブじゃないと厳しいでしょう。

スキー用のグローブであれば、保温性を高めるためにモコモコしていても問題ないのですが、自転車の場合はブレーキ操作やギアチェンジが多いため、スキー用グローブと保温性を保ちつつ、スリムなシルエットのグローブが求められます。そのため、先端素材と船体技術で作る高機能グローブはそれなりに高価な商品が多くなります。

251_1

筆者も持っているdhbの高機能グローブ。気温0℃でも快適に使えます。他のメーカーでこの倍くらいの値段でもおかしくないおすすめアイテム。購入はwiggleから。

 

気温0℃以下の環境で自転車に乗るためのグローブの使い方

近年の高機能グローブはかなり進化しており、気温0℃くらいでもかなり快適に使えます。しかしそれでも、1年で一番寒さの厳しい時期は関東近郊でも朝晩は気温が0℃を下回りこともあります。

そんな時は、高機能グローブのチョイたしアイテムを使って対応しましょう。

まず、最初におすすめしたいのがインナーグローブです。

その名の通り、グローブの中に着用して使うグローブなのですが、ヒートテックセンサーなど、冬用アンダーウェアに使われる保温性の高い素材でできており、グローブの内側に暖かい空気の層を作る役割を果たします。筆者もdhbの高機能グローブに同じくdhbのインナーグローブを装着し、氷点下10℃の厳しい状況で自転車に乗ることも有ります。

251_2

dhbのインナーグローブ。アウトーとしても使えそうなしっかりした作りですが、インナー用の強度で出来ているので、アウターとして使うと破れます。用途外の使用は避けましょう。

 

そしてもう1つおすすめしたいのがバーミットです。

これは自転車のドロップバーに装着する防寒用の風よけです。近年人気が高まっているアイテムです。非常に保温性が高く、インナーグローブ以上の効果を発揮しますが、ドロップバーのブレーキブラケット部分しか握れなくなると言う大きな弱点もあります。

如何でしょうか。工夫次第では氷点下でも快適に過ごせるグローブの使い方があります。寒さを痛さに変えないために、ぜひ試してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る