自転車で地味だけど凄く大事なインソール

239_0

今回は、凄く目立たない地味な存在だけど、とても大事なアイテムである、シューズのインソールの話です。

インソールってどんな印象を皆さんはお持ちでしょうか。ホイールやフレームは皆さんこだわりますが、インソールまでこだわる人ってごく僅か。

こだわる人はこだわるけど、気にしない人はきにしない。あるいは、レースなど極限の走りをするサイクリストだけがこだわるものと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、インソールって、どんなサイクリストにもとても重要なもので、レースで速く走るために、良いインソールを使うことが有効なのはもちろんですが、のんびりサイクリングを楽しみたいサイクリストにとっても、快適で怪我なくサイクリングを楽しむためにも有効なアイテムなのです。

そんなこだわりのインソールには整形などカスタマイズするタイプのものと、カスタマイズをしないタイプのものがありますので、今回はインソール初心者にも簡単なカスタマイズ無しのアイテムについて幾つかお話ししようと思います。

 

スペシャライズド製の高級インソール

大手自転車メーカーの中でも、インソールにこだわりを持っている企業と言えば、恐らくスペシャライズドでしょう。

現在販売しているインソールは5400円(税込)と整形しないタイプのインソールとしてはかなりの高級品。

赤・青・緑の3色から選ぶのですが、これは好みの色を選ぶのではなく、色ごとに土踏まずと中足骨のサポートの量が3段階に分かれており、自分の好みのサポート量を選べるのです。カスタマイズ無しのインソールで有りながら、自分の足の形に有ったものを選べる、まさに高級インソールの入門編としてピッタリのアイテムです。レースを走るサイクリストはもちろん、「いつも長く乗ると土踏まずが疲れる」と言うサイクリストにもぜひ試して頂きたい商品です。

因みに、現在は色ごとに土踏まずのサポート量が分かれていますが、以前は色ごとに硬さが異なるラインナップでした(赤が一番硬い)。

 

硬さで選ぶならSuperfeetがおすすめ

インソールを硬さで選ぶのであれば、wiggleで購入できるSuperfeetもおすすめ。オレンジや黄色は硬めで、メンズとレディースの区分もあり、自分の好みの硬さのインソールを見付けることが出来ます。

239_1

Superfeetのインソール。オレンジは硬め。Wiggleから気軽に購入できる。

 

パワーポジションのインソールはかかとの位置がポイント

もう1つ、形成しないタイプのインソールでおすすめなのがパワーポジション(形成するタイプもあり)です。

このインソールの特徴はかかとのぶぶんだけ柔らかくなっていること。この柔らかくなっている部分がかかとホールドする穴のような形状になっており、ここにかかとが入ると、自然と理想的なかかとの位置と角度に修正されるのです。

筆者も使用しておりますが、かかとがしっくり来る感じは何とも言えません。こちらも形成しないタイプでインソール初心者におすすめです。

239_2パワーポジションは意図的に硬い部分と柔らかい部分が作られており、これが靴の中で理想的なポジションを作り出す。

 

カスタマイズ系インソールの代名詞・シダス

カスタマイズするインソールの代名詞と言えば何と言っても『シダス』でしょう。

私の記憶では20年ほど前から登場し、そこからインソールをチューンナップする文化と言うのが定着したように思います。

私自身、18年も前に流行りに乗って、初期のシダスを購入しました。当時としては類似した商品もなく、革新的なアイテムでした。

そのシダスですが、初期のモデルは足型にカスタマイズして、主につま先から母子球にかけてのサポート力を高めると言う者でしたが、現在は改良に改良を重ね、つま先から母子球にかけてのサポート力が向上しただけではなく、足裏のアーチのサポートやかかと部分のホールド力の向上など、素晴らしい進化を遂げております。

購入の際は本体価格の他に店舗でもカスタマイズの技術料が発生することも多く、けして安い買い物では有りませんが、世界にたった1つの自分用のインソールが手に入ると思えば、決して悪くない買い物だと思います。

239_4

筆者のシダス。現行モデルのバイクプラスはつま先からかかとまで最新技術でサポートしてくれる

 

脚の『角度』をカスタマイズしてペダリングの最適化を図るバイクフィット

こちらは、インソールでは無いのですが、インソールやシューズとクリートの間に入れてカスタマイズするアイテムとして、ぜひご紹介したいのが『バイクフィット』です。

このバイクフィットの役割は何かと言うと。

人間の足の裏と言うのは地面に対して平ではなく、(足を地面についた時にやや内側に内傾するように)傾き付いています。

239_5

イラストのように人間の足は地面に対して平ではなく、若干角度が付いている。

そして、この傾く角度は個人差があります。

さらに、この傾きを無視してシューズにペダルをセットすると、膝が内側に入り、スムーズなペダリングの妨げになるだけではなく、膝の故障の原因にもなります。

そして、この傾きを正しい角度に修正するためのアイテムがバイクフィットなのです。

少々長くなりましたが、まずはバイクフィットの目的はご理解頂けたでしょうか。

使い方としては、シューズとクリートの間、もしくはインソールとシューズの間にすぺーさーとしてこのバイクフィットを入れて使います。修正が必要な角度は個人差があるので、入れるスペーサーの種類や入れる枚数で調整し、最適なカスタマイズを目指します。

239_6

左のオレンジのスペーサーがシューズとインソールの間に挟むスペーサー(1枚で1.5度修正)。右がシューズとクリートの間に挟むスペーサー(1枚で1度修正)

このバイクフィットについては、スペーサーだけをお店で買ってきて、自分で調整することも可能ですが、1度ずつ、微妙な調整が必要なので、経験豊富な専門のフィッターに依頼してカスタマイズすることをおすすめします。

こちらも、フィッターの技術料を入れると少々高くなりますが、怪我を予防し、スムーズなペダリングが手に入るのであれば、決して高い買い物ではないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る