秋サイクリングのススメ

223_0

さてさて、少しずつ空気が冷たくなり、秋が深まっているなと思う今日このごろですが、今回は秋ならではの楽しみを盛り込んだ秋サイクリングについてお話ししたいと思います。

定番のネタではありますが、やはりこの時期を自転車に乗って楽しむには良いテーマを幾つか集めてお話しします。

 

コスモス・紅葉を見に行こう

秋の植物と言えば初秋はコスモス、晩秋は紅葉と言ったところではないでしょうか。

超定番ですが、やはり毎年この時期になると観たくなるものですね。せっかくなのでサイクリングのネタにどうでしょうか。

コスモスであれば、大きな公園のコスモス畑などがきれいですね。首都圏からのおすすめは昭和記念公園。コスモス祭りを開催しており、コスモス畑のエリアでは一面に広がるコスモスを堪能できます。

そして、コスモスが終わると紅葉ライド。首都圏で言えば、一番早いのが奥多摩湖周辺の紅葉で、10月下旬から見られます。その後、平野部に紅葉が広がり、11月下旬になると、都内の公園でも紅葉が楽しめます。奥多摩は少し遠いけど、もう少し待てば、都内の公園にちょっとしたサイクリングに行けば手軽に紅葉を楽しめるでしょう。

223_1

首都圏の平野部では今まさにコスモスのピーク。自転車できれいなコスモスを見に行きませんか。

 

秋の味覚ライドで美食の秋を楽しもう

これも定番ネタですが、秋の味覚を求めてのサイクリングもまた楽しいモノです。

最近は首都圏にも手軽に果物狩りを楽しめる果樹園が増えており、そう言った場所に自転車で行き、もぎたてのフルーツを味わうのも良いでしょう。

また、秋と言えば新そばの季節なので、新そばをテーマにサイクリングをするのも楽しいでしょう。もちろん、おそばなら近所のお店でも食べられるのですが、自転車でおそばをひき立てる雰囲気を求めてサイクリングに行くものオツなものです。どこへ行くかと言うと、さすがに東京から新そばを求めて長野まで行くのは難しいので、筆者がおすすめしたいのが調布市の深大寺。名物深大寺そばを求めて都心から多摩川サイクリングロードを走らせてみては如何でしょうか。

特に深大寺そばをおすすめする理由はその雰囲気。深大寺周辺はおそば屋さんや茶屋が立ち並び、何とも言えない雰囲気が秋のサイクリングを盛り上げてくれるでしょう。

223_2

深大寺そばは美味しいそばを味わいつつ、この雰囲気も味わいたい。

 

寒くなる前に行きたい湘南ライド

筆者からのもう1つのおすすめが湘南方面へのサイクリング。江の島までは都心から往復100キロ前後。少々ハードなサイクリングになりますが、夏は混んでいて、渋滞に悩まされた湘南の各種スポットを楽しむには秋は絶好の季節です。

また、湘南名物の生しらすは1月から3月まで禁漁になってしまうので、サイクリングがてら、年内にもう一度生しらすを食べに行くと言うのも良いでしょう。

223_3

夏ほど混雑しておらず、冬ほど寒くない。秋の湘南をぜひ自転車に乗って堪能しよう。

 

秋のサイクリング。探せばまだまだネタは尽きないと思いますが、こうやって季節に合わせたテーマを設定してサイクリングをしてみるのはなかなか楽しいので、ぜひ皆さんも秋のサイクリングを楽しんでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る