秋に最適なウェアコーディネートで秋サイクリングを楽しもう

214_0

さてさて、秋らしい陽気が続いていますね。

『暑くもなく、寒くもなく』と言いたい所ですが、実際には『朝は寒いし、日中はちょっと暑い』と言うのが実情で、ウェア選びが悩みどころな季節です。

そこで今回はこれからの時期に覚えておきたいウェア選びのポイントについてお話ししたいと思います。

 

とにかく汗をかかないことを重視してウェアを選ぼう

秋のウェア選びに置いて、注意すべき点はいくつもありますが、特に冬も含めてこれからの時期に避けたいのは“汗冷え”。ペース上げて汗をかいたりした後、濡れたウェアで身体を冷やしてしまうことです。これは風邪を誘発するし、冷えて快適に走れないですからね。

そこで秋のウェア選びのポイントをズバリ簡単にまとめると、『暑くなった時に汗をかかないウェアを選び、寒い時には小物で調節する』と言うのが正解ではないでしょうか。

つまり、薄着を基本とし、走り始めなどの寒い時だけ、インドブレーカーを着たり、各種ウォーマーでこまめな体温調節をするのが良いでしょう。

 

では、その、やや薄着のウェアと言うのは具体的にどんな装備でしょうか。

上着で言えば、筆者がこの時期に最も多用するのが、夏用ジャージ用の生地で出来た長袖ジャージです。この時期はどうしても本格的な冬用ジャージだと気温が上がってくるとどうしても汗で蒸れてしまうのですが、やや保温性を落とした、夏用生地のジャージはそう言う不快感は有りません。走り始めなどは少々寒く感じますが、その時はウィンドブレーカーを着用し、身体が温まったら脱いでしまいます。

また、アンダーウェアもクールと冬用の中間のタイプがあり、適度な保温性と吸汗性が秋にピッタリなタイプが販売されているので、こちらも一度試してみると良いでしょう。

214

パールイズミから出ている「ウォームフィットドライアンダー」。程よい保温性と抜群の吸汗性能で、秋のサイクリングに最適。

 

【こまめな体温調節に最適。ちょっとだけ寒い時に便利なアイテム】

先ほど、秋のウェア選びは薄手のジャージを基本として、寒い時はこまめに体温調節をしましょうと言うお話をしましたが、では、具体的にどんなアイテムで体温調節をするかここでお話ししておきましょう。

まず1つ目は、基本中の基本。ウィンドブレーカーです。こまめな体温調節と言う以前に、これからの時期は必ず携行してサイクリングに行きましょう。急な気温低下などもあるので持っていると必ず役に立ちます。

 

そして、これからの時期は、いよいよつま先も少しずつ寒くなってきます。そんな時は本格的な冬用ではなく、少しライトなシューズカバーが大活躍。この分野の商品はデザインも豊富なので、ファッションアイテムとしても活用できますね。最近はラインナップが増え、靴下風のシューズカバーも色んなメーカーから販売されておりますし、つま先タイプのものも、シリコン製のユニークなアイテムなども出ています。

214_2

最近は靴下タイプのシューズカバーのラインナップも増えている。お手軽の上にファッションアイテムとしても使える。

 

寒くはなって来ていますが、まだまだ本格的な冬の冷え込みとは言えないこの季節。「ガッツリ暖かい」ではなく「程よく暖かい」なアイテムを多用して、快適にサイクリングを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る