カゴの付いていない自転車だからリュックやメッセンジャーバックを使いこなそう

jitensyaryuku_0

荷物はどう運ぶ?

スポーツサイクルに乗る時、少々悩ましいのが、荷物の運搬。カゴや荷台が付いていれば簡単に簡単に運べるのですが、スポーツバイクはそうもいかないのでリュックサックやメッセンジャーバックでの対応となります。

それぞれ、どんなメリットとデメリットがあるのか、使い方などについてお話ししたいと思います。

プロの運び屋メッセンジャー御用達のメッセンジャーバック

自転車に乗る時のバックと言えば、何と言ってもメッセンジャーバック。その名の通り、自転車メッセンジャーの商売道具。自転車で運ぶプロが愛用しているアイテムです。

メッセンジャーバックの最大の特徴はリュックサックと違って、片方の肩だけにたすき掛けで装着することです。リュックサックの場合、両肩に掛けるので、自転車独特の肩をすぼめる乗車姿勢がとり辛く、これを解消するためにたすき掛け構造になっているのがメッセンジャーバックなのです。

そんなメッセンジャーバック、選ぶ時に絶対見落としてはいけないポイントがバックと胴を固定するためのベルトが付いているか否か。たすき掛けで不安定なバックをこのベルトで自分の胴に締めつけて、しっかり固定するのです。ファッション性を重視したメッセンジャーバックの場合、このベルトが付いていないのですが、これが無いとグラグラしてしまい、長時間の走行では非常に疲れてしまいます。ファッション性より機能性を重視するなら、このベルトが付いているものを必ず選びましょう。

おすすめのブランドは『TIMBUK2』(ティンバックツー)です。アメリカの老舗メーカーで、高い機能性を誇り、サイズや色のラインナップも豊富で自分に合った1品を見付かることでしょう。

jitensyaryuku_1

TIMBUK2のメッセンジャーバック。クラシックなデザインだが、機能性抜群。胴にしっかり固定するサブベルトがポイント。

 

リュックサックにはリュックサックの利点がある

続いてリュックサック。自転車専門に設計されたメッセンジャーバックは利点が多いのですが、どうしても小さい頃から慣れ親しんだリュックサックの方が使い易いと言う方も多いでしょう。

また、リュックサックにはリュックサックのメリットもあります。

例えば、両肩に掛けるのでメッセンジャーバックよりもリュックの方がバックをしっかり固定出来ます。また、メッセンジャーバックだと片方の肩にだけ力がかかり、身体のバランスを崩したり、長時間使うと担いでいる方の肩だけ血が止まって痺れたりすることもあります。そう言った左右バランスの良さはリュックサックに軍配が上がります。また、構造上、メッセンジャーバックにはあまりサイドポケットが付いていないのですが、リュックサックはサイドポケットが充実しており、すぐに使うものをすぐに出し易い場所に置いてい置くことも容易です。

ブランドとしてはDeuter(ドイター)などから自転車専用設計の商品も発売されており、こう言ったモデルを使うと非常に快適に使用できます。

jitensyaryuku_2

Deuterの自転車用リュック。ストラップ類が充実しているので身体にしっかり固定できる上にサイドポケットも使い易い。

 

【番外編】レーサージャージのポケット

自転車に乗る時の荷物を入れる場所として忘れてならないのが、レーサージャージのポケット。カジュアルウェアでツーリングする方などはなかなか利用の機会が無いと思いますが、このジャージのポケット、意外と容量があり侮れません。

通常はジャージには3つのポケットがあるので財布、携帯、タオル、家のカギくらいは入ります。コンビニを活用し、軽装で走る際は、ジャージのポケットだけで充分事足ります。

如何だったでしょうか。

メッセンジャーバックやリュックの特徴を抑えて、貴方に合った荷物の運搬方法で快適にサイクリングを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る